企業が求めている人材とはどのような人?求められる人物像を考える

企業は一緒に働く仲間として、あなたがふさわしい人物かどうかを見ようとしている。

試験では、「じぶん」というものを把握しているかが一番のチェックポイントになる。

スポンサーリンク
  

企業は、精神的強さと行動力のある人を望む

近年は、就職試験の特徴が「量より質」へと変わってきている。

人件費の削減などの理由から、企業が人材の質を厳しく求めるようになったからだ。

仕事が忙しくても、「今に見ていろ」「もうひと頑張り」と思える人、

いつでも明るく、人ときちんと話ができるコミュニケーション能力のある人が求められる人材となる。

自分が行動せずに他人の批評をするのは簡単なことだが、そうではなく、自分自身で行動できる人が魅力的なのだ。

また、「この件に関してどう思う?」と聞かれた時に、意見のない人は困る。

自分の意見や価値観をきちんと持っていて、世の中に対応できなければ、

流動的な世の中を乗り越えていくことはできない。

様々な出来事に対して、常にアンテナを張り巡らせ、

きちんと反応できるようにしておこう。

そこから、独自の意見も持てるようになる。

自分自身が持っている潜在的な能力を、自分の中から見つけ出す作業を続けていかなくてはいけない。

新しいものを見つけようとするチャレンジ精神の持ち主であることを見極めようと、

採用者側は、あの手この手で攻めてくるのだから。

企業や時代によって変わる求められる人物像

企業が欲しいと思う人物とは一体どんな人なのだろう、と考えてみる時、

業種や職種のことを抜きにして考えることはできない。

スポンサーリンク

業種とは、事業の種類による区別のこと。

例えば、ものを製造する製造業、販売する流通業、お金を動かす金融業などのことを言う。

また、職種とは、営業職、事務職、技術職、企画など、仕事内容による区別のことを指す。

建設業界で営業に向く人は・・・。製造業で企画に携わる人の特性は・・・。などと、

業界ごとにイメージされる人物像はあるが、本当は一つ一つの企業によって、求める人材は異なっているものだ。

また、時代背景やその企業の置かれている立場によっても、刻々と変わる。

それぞれの企業の人材への考え方をきちんととらえて、ことにあたることが大切である。

自分自身をきちんと理解している人が強い

学生時代の過ごし方もいろいろある。

取り立てて何をするでもなく漫然と過ごしてきた人、

サークル活動でもアルバイトでも、一応は具体的経験を積んだ人。

また、その経験から、「どうして?」「なぜ?」と考える人ができる人。

事実や結果に対して充分な検討ができ、そこから自分を振り返って、

自分というものの「座標軸」が定まっていれば、できることは何か、

一番大切だと思うことは何かが、おのずと明確になってくる。

このように、採用者側は、自分というものをしっかり理解している人が欲しいのだ。

そうすれば、仕事の方向性は見えてくる。

すぐに仕事ができる人を求めているのではない。

将来に対する可能性を持っているかどうかが問題なのである。

採用試験で、自分の輝きを見せることができるかどうかである。

まとめ

企業は、行動力があり、経験や結果を振り返ることで自己分析ができる人が企業の欲しい人材。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です