ウールやシルク素材の洗濯の正しいやり方!大切な服を長持ちさせよう

ウールやシルクなど素材などの洗濯には失敗はつきもの。

間違った洗濯のせいで、シルクやカシミヤのツヤが消えたり、

数回しか着ていない服が虫に食われるなどの苦い経験はありませんか?

大切な衣類ではそうしたトラブルは避けたいですよね。

その第一歩は素材の特徴と洗濯、お手入れ方法を知ることです。

理解が深まれば、購入前から衣類の扱い方について考えられるようになります。

そして、洗濯前になって「どうやって洗うのだろう?」

と悩まなくても済むのです。

スポンサーリンク
  

購入前から洗濯は始まっている

洗濯をするときは、ダグの確認と、他の衣類の生地を痛めるような、

ビーズやスパンコールなどの装飾品がないかを事前にチェックしておくことが大切です。

タグには使用素材、混紡の素材の割合、洗濯絵表示が記載してあります。

このタグから家で水洗いできない素材や、手間のかかる素材などが判断できるので、

購入前に確認しておくべきです。

装飾品やファーなども、購入前から取り出し可能かどうかを確認し、

洗濯前のトラブルを避けましょう。

家で洗う時は、洗濯絵表示はもちろん、色落ちチェックも忘れずに。

ウールやアクリルの服、革素材のスエードの靴は特に色落ちしやすい素材です。

目立たないところに洗剤を少しだけつけて色落ち具合を確認しておけば、

他の衣類に色が移ってしまうのを回避できます。

このように、購入前や洗濯前のちょっとしたチェックが、ウールやシルク素材などの洗濯と

お手入れを楽にしてくれるのです。

大切な服は休ませる

お気に入りの服は毎日でも着ていたいもの。

スポンサーリンク

けれど衣類も消耗品であり、着た分だけ寿命が縮みます。

できるだけ1日着たら洗濯やお手入れをして、

衣類を休ませてあげることが大切です。

一見すると汚れていないような服でも、

静電気によって引きつけられたホコリや、ハウスダスト、花粉が付着しています。

何着かの服をローテーションで着て、消耗や汚れを極力回避しましょう。

お気に入りの服こそ、ここぞという場面で着てあげてください。

休ませる際、素材によっては簡単なお手入れをしてから休ませる必要があるものも。

衣類の裏地によく使われているレーヨンやキュプラなど、水に弱くシミになりやすい素材は

クリーニングに出しましょう。

洗濯を絶対に失敗したくない服もクリーニングへ。

家で洗濯しても大丈夫な衣類はどんどん洗いましょう。

部屋着やプレーンなニットなどは、洗濯が難しい素材の入門にちょうど良いです。

自分で洗えば愛着も生まれ、大切に着ようという気持ちになります。

家での洗濯とクリーニング店をうまく使い分け、

楽に効率よく衣類を長持ちさせましょう。

ニットの場合

表示をみて手洗い不可になっていないものであれば、

自宅で洗えます。

ただし、ヤギやウサギの毛を使っているカシミヤやモヘア、

アンゴラなどの特殊な繊維のものは、クリーニングに出した方が無難です。

洗濯時は手洗いや洗濯機の弱水流コースで優しく洗うといったことに気をつけていれば、

ニットにつきものの型崩れも最小限に抑えられます。

まとめ

衣類を長持ちさせるコツ

◎購入前の素材確認や色落ちチェックで失敗を回避

◎服はローテーションを組んで着る

◎無理せずクリーニングもうまく活用

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です