入院で必要なものやあると便利な持ち物準備リスト!暇つぶしグッズも

これから入院をする方は、不安でいっぱいですよね。

私ももうすぐ手術のため入院をするのですが、毎日とても不安です。

初めての長期入院ですし、初めての手術・・・。

想像しただけでとてつもない不安にかられています。

そんな中でも。着々と入院準備を進めなくてはいけません。

短期の入院であれば(数日〜2週間くらい)であればそんなに準備を悩まなくていいかもしれませんが、それ以上の期間入院するのなら、それなりに準備を整えて入院生活をスタートさせた方が、快適な入院ライフを送れるのでいいと思います。

一緒に、快適入院ライフを実現させましょう!

スポンサーリンク

必ず必要なもの

入院をするにあたって、必ず必要になるものがあります。

まずは絶対忘れてはならない物から揃えていきましょう。

・診察券や病院のカード

・健康保険証(有効期限内のもの!国民健康保険などは有効期限があるので必ずチェック!)

・入院誓約書
→入院するにあたって病院からもらう資料です。必要事項を事前に書いておきましょう。

・印鑑

・いつも飲んでいる薬(あれば)

・お薬手帳

・限度額適用認定証(必要であれば)

・食事療養費の標準負担額減額認定証(必要であれば)

・お金、クレジットカード

・部屋着(病院で貸し出しているところもあります。)

・カーディガンなど羽織れるもの(夏でも冷房が効きすぎて寒いこともあります)

・タオル(バスタオルとフェイスタオル両方あると安心)

・下着、靴下
→下着は締め付けのきつすぎないものがいいです。靴下もゆるめの方が体が楽です。
 また。手術などの予定がある方は特に、下着には気を配りましょう。
 場合によってはおへそまで隠れるようなタイプの下着が適していることもあります。

スポンサーリンク

・スリッパ
→滑りにくいものがいいです。

・歯ブラシ、歯磨き粉

・洗顔料

・コップ(プラスチック製や紙コップなど割れないもの)

・入浴セット(ボディソープ・シャンプー・コンディショナー・体を洗うタオルなど)

・ティッシュペーパー(箱もポケットティッシュ両方あると便利)

・スマホなど通信機器。

・スマホなど通信機器の充電器。

入院中あると便利なものリスト

・本、雑誌、漫画

・パソコン、タブレットなど(使っていいかどうか病院に確認が必要です)

・Wi-Fiルーター(インターネットを使いたいならば)

・ゲーム機

・数独やクロスワードパズルなどの本

・イヤホン、ヘッドホン(テレビを観るときにも使えるようにコードが長めのものを選びましょう)

・延長ケーブル

・小さいお財布(病室のセキュリティボックスに入るくらいのサイズ)

・ボールペン

・ノート(日記や体調などを記録するのに便利。検査のことや、注意事項のメモなどにも。)

・レターセット(お見舞い、お祝いのお礼に。病院の売店にもレターセットはあります。)

・油性マジック

・はさみ

・時計

・懐中電灯やペンライトなど。(消灯後に便利です。)
→iPhoneの本体背面にLEDライトが搭載されていますね。それを懐中電灯のように使うこともできます。

・クリアファイル(もらった資料の整理整頓に)

・S字フック

・スニーカー
→病院では、スリッパを禁止しているところもあります。

・ジャージ
→一つあると散歩の時などに便利

・小さなバッグ、ポーチなど。
→院内を移動する時などに便利

・キャリーバッグ
→持ち物を運ぶのに便利

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です