食事から健康づくり!食材の選び方や水を飲む量と植物性食品について

「健康なカラダをつくりたい・・・」

そう思ったら、まずは毎日の食事から意識してみましょう!

直接口に入れるものだからこそ、気をつけたい食事。

食材の選び方を見直し、

健康的なカラダのためにはどうしたらいいのか。。

「水をたくさん飲むといいよ」

「植物性食品がいいよ」

このようなことを聞いたことがあるかもしれません。

しかし・・・・

具体的に、何がどういいのか?

今回はこのような疑問に答えるべく、調べてみました!

スポンサーリンク
  

食材の選び方

食材を選ぶときは、次の3つのを意識してください。

1 国産

2 オーガニック

3 鮮度

外国産のものでも良いものはたくさんありますが、

国産の方が味や安全性などに悩むことは少ないでしょう。

オーガニックにこだわるのは、やはり農薬の問題が一番大きいです。

もちろん全てが害になるわけではないし、

それほど問題はないのかもしれません。

しかし、オーガニック食品とそうでない食品を口にした時、

どちらが美味しいと感じるでしょうか。

また、鮮度についても同様です。

冷凍のものよりも新鮮な食材の方が、食べていてエネルギーが満ちてくるように感じます。

なお、肉類や乳製品、卵などは抗生物質を使っていないもので、

植物性飼料を食べている健康的なものを選ぶようにしましょう。

そうすることで、多くの食品リスクは回避できるし、食材が本来持っているエナジーを

取り入れることができ、あなたのオーラは健康的に変わっていくのです。

「昼は外食ですませる」という人がいます。

そのお店が素材にこだわっているお店ならいいでしょうが、

そうでない場合は、むしろ食べないほうがいいです。

出所のわからないような食材を使い、調理過程でどんな調味料や油を使っているか

わからないようなものを口にするくらいなら、食べないほうがいいのです。

もしあなたの会社の周りにヘルシーな飲食店がないなら、オーガニックのフルーツや、

自分で作ったお弁当やサンドウィッチを持参することをオススメします。

さらに、あなたの活動エリアにあるヘルシーな飲食店を知っておくことは、

スポンサーリンク

とても重要な情報です。

確実に調べておきましょう。

水をたくさん飲む

水は体重の60パーセントを占めています。

つまり、カラダの半分以上は水で構成されています。

1日にどのくらいの水を飲めばいいかというと、

一般的に1日に2〜3リットルです。

多少多めにとっても、ミネラルが不足していなければ

ほとんど害はありません。

運動をしている人は、この1.2倍以上はとるようにしましょう。

水の選び方ですが、基本的には国産品を選ぶといいです。

その理由は、外国産の硬水よりも国産の軟水の方が、日本人の体質に合っていますし、

外国産は採水から私たちの口に入るまで、

かなりの時間を要します。

鮮度の問題からも、国産の方が優れていると考えられます。

植物性食品をしっかりとる

植物性食品をしっかり食べれば、食物繊維を取れ、

食べ過ぎた肉や油ものによってネガティブに傾いた腸内環境を改善できると言われています。

腸内環境は、お肌や体臭など、全身のコンディションに影響を与えます。

いつもきれいにしておくことが重要です。

毎食200グラム以上の、植物性食品を食べるようにするといいです。

野菜類、根菜類、きのこ類、海藻類、フルーツ類などです。

植物性食品には、ポリフェノールやフィトケミカルなどの抗酸化物質や機能性栄養素が多く含まれ、

過剰に反応した活性酸素をクリアにする機能があります。

また、ニンニクなどの植物に含まれる微量の毒素は、かえって免疫力をアップさせる作用があるとも言われています。

植物性食品は、肉や魚などの主食よりも先に食べましょう。

そうすれば、満腹感が出やすく、消化吸収を穏やかにするので、食べ過ぎを防ぎ、内臓の負担を軽減します。

まとめ

食材の選び方、水を多くとること、植物性食品など

健康なカラダづくりのためになる3つの事柄についてまとめました。

全てを一気にやることは難しいかもしれませんが、

お水を飲む量など、できることから少しずつ始めてみましょう。

少し意識をして毎日継続することで、

カラダの変化を実感してくるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です