正しいお通じの条件と便秘に効果的な白湯のレシピやNGな便秘解消法

便秘になると、とても辛いですよね。

便秘解消法を色々と試してみたいけど、それ、本当に正しいやり方?

健康になるためにと思ってやった行為が実は体に悪い行為だったなんてことも!

正しい知識を得て、便秘を解消し、健康的な毎日を送りましょう。

スポンサーリンク
  

正しいお通じの条件

近頃、「かくれ便秘」の人が増えています。

以下の条件を全て満たせば、理想的なお通じです。

毎日こうであれば便秘ではありません。

○ 毎朝必ず、力まず自然に気持ちよく排便される。

○ 適度な硬さで、バナナ状の形である。

○ 色が薄くて匂いが少なく、水に浮く。

当てはまらないものが一つでもある場合は、便秘です。

便秘とは、何日も出ない状態が続くことではありません。

お通じが理想的な状態ではないことなのです。

正しいお通じがないということは、食べたいものをきちんと消化・吸収できていないということです。毒素が体にたまりやすくなって、放っておくと、どんどん増えていってしまいます。

小さな不調から大きな症状まで、多くの病気は、体に毒素が溜まってしまうことから始まります。

正しいお通じのある体を作っておくことはとても大切なのです。

便秘に効くのは白湯

便秘を解消してくれる飲み物は、冷たい牛乳ではなく、白湯です。ぜひ、毎日の習慣にしてください。白湯は朝起きた時と食事中に、1日600〜800mlを目安に飲みます。

〜白湯のつくりかた〜

【用意するもの】

水、やかん

【つくりかた】

1 やかんに水を入れ、強火にかけます。

2 沸騰したら蓋を取り、湯気が上がるようにします。大きな泡がぶくぶく立つくらいの火加減に。この時、換気扇も回すようにします。

3 そのまま10〜15分沸かし続けます。

4 湧いた白湯を飲める程度に冷まして、すするように飲みます。

★ポイント★

○1日に飲む量はカップ3〜4杯(600〜800ml程度)が適切です。飲みすぎると、体内の栄養素が流れ出てしまう危険があります。

○朝起きたらまずは白湯を1杯飲みましょう。心と体を浄化して、代謝を上げると同時に、腸を適度に刺激して排泄を促してくれます。

○コップ1杯の白湯を食事中に飲むと、消化を助けてくれます。

○熱い温度のものをゆっくりとすするように飲んでください。

○白湯を再沸騰させてはいけません。朝沸かした白湯をポットや魔法瓶などに入れて飲むようにしましょう。

もともと便秘がち、という場合には、朝の白湯にレモン汁とひとつまみの白い岩塩を入れて飲んでも良いでしょう。スムーズなお通じを促してくれます。

白湯は、体を温めて消化力をアップしてくれる飲み物なので、消化吸収から排泄までを適切にサポートし、健康的に便秘を解消してくれます。

スポンサーリンク

また、「3種混合スパイス」も便秘の強い味方。クミンパウダー、ジンジャーパウダー、コリアンパウダーを同量ずつブレンドしたものです。これを食後にティースプーン1杯、お湯と一緒に飲みます。辛さが気になるようであれば、ジンジャーパウダーを少し減らしましょう。

夜更かしや睡眠不足、不規則な生活も便秘の大敵です。なるべく規則正しい生活と早い就寝を心がけましょう。それから、上手にリラックスできる時間を持つことも大切です。ストレスも便秘を招きますから要注意です。

やってはいけない便秘解消法

1 水を飲んで押し出す

大量の水を飲んで便秘を解消させようとする人がいます。

水を大量に飲めば、お通じがあって当たり前です。しかし、それは健全なお通じではありません。大量の水で体の中のものを外に押し出しているに過ぎないのです。

私たちが食べたものは、まず食道を通ってから胃で消化されます。その後十二指腸でさらに消化されてから、小腸で栄養素、大腸で水分がそれぞれ吸収されて便が排泄されます。水を大量に飲んでしまえば、本来消化されて吸収されるはずの栄養素がどんどん押し流されてしまいます。

水を飲んで便秘が解消されているというのは誤解です。むしろ、消化器が弱ってしまっているとても恐ろしい状態なのです。

こうなると、腸で栄養分が吸収できないので栄養失調状態になることもあり、臓器が弱まります。また栄養が吸収されませんから、疲れやすく病気がちになったり、肌や髪にハリやツヤがなくなったり、エネルギーがみなぎらず意欲がわかなくなってしまいます。

2 無理な腸マッサージ

腸はとてもデリケートな臓器です。便秘を解消するためにマッサージをする人がいますが、独自に行うことは危険ですので、ぜひやめてください。

腸が圧迫されると緊張が生まれ、かえって働きが不安定になります。マッサージによって刺激されることで一時はお通じがあったとしても、緊張が残ってしまいますから、また便秘になってしまいます。

さらに、腸が乱れると体と心に不調が広がっていきます。

不適切な腸マッサージを続けていると、消化力が下がり、便秘は促進され、生理不順になったりPMS(月経前症候群)がひどくなる、といったことも起こり得ます。

精神的にも不安定になり、注意力散漫で忘れっぽくなることもあります。

お腹を整えるためには、腸を揉むのではなく、さするように優しくマッサージしてください。半身浴の時など、お風呂に浸かりながら両手のひらを腸に当て、そっと時計回りにさすります。この時、絶対に強く押してはいけません。

まとめ

ここまで、正しい便秘解消法について書いてきました。

大事な体のことだからこそ、正しい知識を得て、健康的な体をつくりましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です