便秘で1週間お通じがない時の正しい対処法

頑固な便秘の原因と解消法
便秘に慣れてしまうと、1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なくないようです。しかし、長引く便秘は時に命の危険につながることも。お通じの正しいリズムを取り戻す方法を、ドクター監修の記事でご紹介します。

苦しさを感じないから、慣れてしまったからなどの理由で、1週間以上お通じがなくても何の対処もしていないという方はいませんか?便秘が長引くと、思わぬ大きな病気を招く可能性もあります。お通じのリズムを取り戻すさまざまな改善方法と、長引く便秘の危険性について、詳しくお伝えします。

正常なお通じの基本は健康的な生活習慣

軽めであろうが頑固であろうが、便秘を解消させる基本は同じです。「食事療法」と「生活習慣の改善」により、「腸内環境を整えること」以外にありません。

食事療法による改善

腸内環境を整えるためには、まず便のもととなる食事を見直すことが大切です。以下に、意識したい食生活についてまとめました。

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂る。

・善玉菌を増やすよう、発酵食品、ビフィズス菌などの乳酸菌、オリゴ糖などを積極的に摂る。

・便が出やすくなるよう、量をしっかり食べて便のかさを増やす。

・腸は朝に動きが活発になるので、朝食を抜かない。

・便を柔らかくするために、毎日2リットルを目安とした水分を摂る。

生活習慣の改善

ストレスや不規則な生活も、腸内環境を悪化させる要因となります。以下のようなことに気をつけて生活しましょう。

・十分な睡眠をとる。

・好きなことを楽しんでストレスを解消するよう心がける。

・腹部に刺激を与える筋トレやストレッチなどを習慣化する。

スポンサーリンク

・マッサージや半身浴などを行い、冷えを防いで血流を促進する。

・便秘に効くツボを刺激する

時間はかかりますが、以上のことを続けるうちに少しずつ便秘は解消されていきます。ただし、お通じがなくてつらい場合や、自然に出るまで待てないほど苦しい場合は、下剤や浣腸の力を借りて排便させるのも選択肢のひとつです。下剤は依存性が高いものなので、できれば浣腸を使用することをおすすめします。直腸に直接刺激を与えるので即効性があり、頑固な便秘にもよく効きます。

長期間の便秘は要注意!命の危険も

排便は毎日あるのが正常とされています。しかし、3日に1回でも色や形、量が正常で問題なければ便秘とは呼びません。逆に、毎日出ていても固い、量が少ないなどの問題があれば便秘と言えます。

では、慢性的な便秘とはどのような状態を指すのでしょうか? 明確な定義はありませんが、排便が週2回以下で3か月以上続く状態を「慢性便秘」と呼ぶことが多いようです。たかが便秘と思っている方も多いかもしれませんが、便秘を放っておくと大変なことになります。腸に長く留まった便は水分が吸収されるので、乾燥して硬くなります。新しい便がその後に留まることで、便はどんどん溜まっていきます。そうして溜まった便のことを「糞塊埋伏(ふんかいまいふく)」と言います。糞塊埋伏になると、本来であれば毎日便とともに体外に排出されるはずの毒素が腸内に留まるため、動脈硬化や大腸がんなどの重篤な病気に発展することがあります。

1週間以上出ない、排便時に痛みや違和感がある、おなかが張る、便やおならが異様にくさい、などの症状がある場合は、放っておかずに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です