風邪や感染症を予防する基本

風邪予防の基本

風邪の病原体の侵入を防ぐ。

病原体がカラダに入ってくるのには、いろいろな経路があります。

1接触感染

口、鼻、目、耳、腸管、性器、皮膚など様々。

2飛沫感染

せきや、しゃべる時に出るしぶきや唾液に病原体が混じって飛び出し、それを吸い込むことによって病原体が侵入する。飛び出す距離は1メートル前後。

3媒介観戦

病原体が、食品、水などに紛れ込んで感染する。動物や昆虫などかが病原体を運び、そこから感染を受けることもある。

毎日できる予防法

1手を洗う

スポンサーリンク

手を洗うときのポイントは、石鹸を使って60秒間洗う。

2マスクをする

病原体がカラダに入りやすい口や鼻にバリアを作る効果があります。

マスクをして、口、鼻、喉を乾燥から守りましょう。

3うがいをする

効果的なうがいの方法は、まずぶくぶくうがいをすること。口の中のゴミや食べかすを取り除きます。
その次に、ガラガラうがいを15秒間ぐらいして、喉のゴミなどを取り除きます。

うがいをするのは、
・外から帰ったとき
・喉に不快感があるとき
・食後

などです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です