病気を遠ざけるために高い体温を保つ3つの知恵

病気を遠ざけるためには高い体温を保つことが最も大切。

手軽に実践できる3つの知恵をご紹介します。

1湯たんぽを使う

眠っている間に冷えを解消!

寒い夜、電気毛布やあんかで温まった布団は気持ちの良いものですね。しかし、就寝中に体を温め続けるのは逆効果。汗をかきすぎて、冷えの原因になりかねません。

その点、湯たんぽなら安心。

緩やかな温度変化で体に負担をかけず、全身をじんわり温めます。

眠りの質も良くなることで自律神経が整い、日中の体温を上げる力も高まります。

2足首を回す

筋肉をほぐして血行促進!

冷えを解消するには足首を回す運動がオススメ。

椅子に座ってつま先を持ち、左右10回ずつ回すだけ。

スポンサーリンク

冷えて固くなった足首を回すことで、末端のつま先まで血液が届きやすくなります。血行が良くなり、全身に温かい血液が巡って体温が上がるのです。

テレビを見ながら、入浴後、などちょっとした空き時間にこまめに行うようにしましょう。

3生姜など体を温める効果のあるものを食べる

体を内側から温めて病気を遠ざける!

私たちには本来、体内で熱を生み出す力が備わっています。その力が衰えることで、体が冷えてしまうのです。外側から温めるだけの冷え対策は体が怠けて熱を生み出さなくなり、逆に冷えやすい体質になってしまいます。

冷えを根本から解決するためには、体を内側から温める力を取り戻す必要があるのです。

そこで取り入れたいのが生姜です。体温を自然に上げてくれる上に、体内で熱を生み出す手助けをしてくれるので、冷えにくい体質まで手に入るのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です