スケボー堀米雄斗選手の年齢や経歴は?彼女はいる?年収や性格も!

2020東京オリンピックの新競技であるスケートボード!

オリンピック出場へのポイントを獲得できる世界最高峰の国際大会が7月28日にアメリカのロサンゼルスで開かれました。

その大会で、日本の堀米雄斗選手が優勝を果たしました!!

今回は、注目のスケートボード選手である掘米さんについてまとめました。

スポンサーリンク

堀米雄斗選手の年齢は?

堀米雄斗選手は、1999年生まれの20歳です!

まだハタチだったのですね!若い!

この若さで、スケボーの大きな大会で優勝という輝かしい実績を残している掘米選手。

彼は一体どのような人物なのか?どのような人生を送ってきたのか?

プロフィール(学歴、経歴など)をみていきます。

堀米雄斗選手の経歴は?


名前:堀米雄斗(ほりごめゆうと)

生年月日:1999年1月7日

年齢:19歳

出身地:東京都江東区

身長:170cm

体重:45kg

血液型:不明

高校:聖進学院(通信制高校サポート校)

掘米さんが通っていた高校は、15時には下校できるようです!

特徴としては、イベントやクラブなどの活動も充実しており、学校側のサポートも手厚い高校です。

すごいのが、毎週水曜日に個別相談を行なっているところ!保護者の方の相談にも乗ってくれます。

なかなか、ここまでやってくれる学校はないのではないでしょうか。

高校時代っていろんなことに悩んでしまう時期でもあります。先生に相談するのは敷居が高いと感じる方も多いでしょう。でも、この高校ならそんな心配はなさそうですね。素晴らしいです。

驚きなのが、「スポーツコース」などが用意されている学校ではないということです。

スポーツにがっつり力を入れていて、コーチを揃えて環境を整えて、有力選手を多数輩出する高校ってたくさんあるとは思います。

しかし!

掘米さんは自分自身の力で、スケートボードの実力を伸ばして世界大会で優勝するまでの選手になったのですね!

すごいです・・・。

なぜ、ここまで強い選手になることができたのか?

経歴を見てみましょう!

スポンサーリンク

堀米雄斗選手の経歴

1999年1月7日、東京都江東区に生まれた掘米選手。

スケボーを始めたのは、小学校一年生のころでした。きっかけは、お父さんがやっていたから!

お父さんがスケボーをやっている姿を見て、最初は遊びで始めたそうです。

やっていくうちに、だんだんスケボーに夢中になっていきました。

最初は、お父さんがコーチを務めていました。親子二人三脚で練習していたのですね。

その後、様々な大会に出場して自分の力を試していきます。

2017年には、スペインで開かれた大会、「PRO OPEN」で3位になりました!!

また、ミュンヘンで行われたワールドツアーでは2位に。

あっという間に、世界で戦える選手に成長していきました。

2018年には、Street League Skateboarding LONDON PRO OPENにて日本人初優勝!

当時から英語でインタビューにも答えています。

かっこいいですね〜。さすが、世界を舞台に活躍する選手。

こういう英語で答えるインタビュー映像を見ると、

「こんな風に、かっこよく英語を話せるようになりたいな〜!」と思ってしまいますよね^^

知り合いのネイティブの方が、「英語は現地に3ヶ月もいれば話せるようになる」と言っていました。笑

でも、なかなかいきなり3ヶ月も予定あけて、海外にピューっと飛べないですよね。

そこで、気軽に英語が学べるのが【登録30秒で無料体験2回】産経オンライン英会話です。

1レッスン158円から学ぶことができ、無料体験が2回もできます。日常会話はもちろん、TOEIC対策やCA面接コース、大学受験対策など選べるコースはたくさんあるので自分に合うレッスンを受けることができます♪

「いつか英語が話せるようになりたいな〜」

と思ったそのときが始め時ですよ^^

スケボーは東京オリンピック種目に認定されたことで、世界中で競技人口が増えてきています。

東京五輪のチケットが当たった方の中には、海外選手と英語でコミュニケーションをとる堀米雄斗さんの姿を生で見ることができるかもしれませんね!

期待が高まります♪

五輪では世界中の方が日本を訪れるので、これをきっかけに英語を勉強する方も増えています。実際に海外の方と意思の疎通を取れた時には感動ものです。

ぜひ、一緒に世界を広げましょう。

では次に、

ハタチで若い人気スケボー選手ということで、人気が高まっている掘米選手。

彼女はいるのか?と気になっている人も多いはず。

ということで、失礼ながら彼女はいるのか調べてみました。笑

堀米雄斗(スケボー)に彼女はいるの?

現在、堀米雄斗選手に彼女はいないようです。

本当に一切情報が出ていません。

掘米選手のSNS(インスタグラムやツイッター)を見ても、スケボー関連の情報がほとんどです。

今は、スケボーに全力を注いでいるのでしょう。

掘米選手は、プライベートを全く明かしていないのか?と思いましたが、

家族のことは、少し情報が出ていました^^

ファンにとっては、少しでもスケボー(公に見せている姿)以外の部分も知りたいところですよね。

堀米雄斗(スケボー)の家族(親)について

家族については、父親がスケボーをやっていたという情報がありました。

なかなか、それ以外の踏み込んだ情報は公には出ていません。

掘米選手は、中学生の頃から海外の大会に出場しているんですよね。

チームに所属していて周りに監督などがついて行っていたのかは詳しくわからないのですが、

最初はお父さんがコーチをしていたので、海外遠征に同行していたこともあると予想します。

なので、スケボーで海外の大会に出る息子をサポートできる環境をつくることができる家庭だったと言えます。

今では、世界で1位になれるほどビッグな選手になったのですから、家族も大喜びでしょうね。

堀米雄斗選手の年収は?

下世話ですみません。

世界大会で優勝するのだから、相当な年収なのではないかと気になったのです。

ちなみに、2018年に出場し、優勝した「Street League Skateboarding LONDON PRO OPEN」で獲得した賞金は、66,000レアルでした。

日本円に換算すると、232万円です。

すごい〜!

当時、19歳ですからね。。

10代でもうすでにビッグな存在になるって、相当な努力が必要だと思います。

表には見せない苦労を考えると、それ相応の対価だと感じます。

また堀米雄斗さんにはスポンサーがついています!

過去にスポンサーだったものも含めて、一覧にしてみます。


Triple Eight (スケートプロテクター)

HIBRID (スケートボードブランド)

TUFLEG (スケートボードブランド)

Division (スケートプロテクター)

Be-in Works (日本で最初のスケーターズカンパニー)

inhabitant (ライフスタイルスポーツブランド)

DVS (スケーター向けシューズブランド)

CustomTrck (スケートボード関連)

Triple Eight (スケートプロテクター)

ムラサキパーク東京 (ムラサキスポーツのスケートボードパーク)

1人の選手に、こんなにたくさんスポンサーがつくのですね!

(この中には現在スポンサーでないものもあります)

これだけ、世界が注目している選手だというわけです。

性格は?

インタビューの映像でしか話している姿を見たことがありませんが、個人的に感じた彼の性格は・・・

スケートボードが大好きで、意思が強いという印象です。

通信制の高校に通っていたということで、必ずしも周り子達がスケボーをやっている子だらけというわけではなかったと思います。

そんな中、周りに流されずに、自分のやりたいことにまっすぐ、努力を続けてきた。そこに意思の強さを感じます。

根底には、「スケボーが好きだからやりたい」という思いもあったはずです。

大好きだから、大変な時も乗り越えて強くなれたのでしょう。

例えば、彼は6回も骨折をしたことがあるのです。スケボーの練習中に、転んだりして、骨折してしまうことがあります。

それでも、堀米選手はこの怪我に関して「まだ6回ぐらいしか骨折していない」とコメントしています。笑

スケボーの技を見ると、「あぶなっっ><」と思う技も多いです。怪我はつきもののスポーツですよね。

怖いもの知らずな滑り方も、練習してかっこよく魅せます。

その過程には、たくさんの失敗があるはず。

それでも、骨折してもあまり気にしていないところがまたかっこいいです。

精神的にも強い選手なんですね!

おしまいに

まとめると、

・堀米雄斗さんはスケートボーダーである

・小学校からスケボーを始めた

・彼女はいないみたい

・年収が多いと思われる

・性格はスケボー大好きで意思が強くかっこいい

これからも注目して、応援しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク