90分の倍数で寝るべしは単なる逸話。気にする必要なし

睡眠時間を90分の倍数にするとスッキリおきられる

という説があります。

もしあなたがこれを信じて、もっと寝られるのに6時間でおきたりあと30分おきてないと90分の倍数にできないと眠いのを我慢したりしているなら・・・。

それ、今すぐやめましょう!

この説の根拠は、いたってあやふやなものだからです。

そもそも、なぜ90分の倍数がいいとされているのでしょうか?

それは、ノンレム睡眠とレム睡眠を合わせたワンセットの時間が、約90分とされているから。ノンレム睡眠中は深く眠っているのでなかなか起きられない、。

でもレム睡眠中なら比較的起きやすい。

だから、90分の区切りで起きると良いとされているのです。

ノンレム睡眠とレム睡眠のワンセットが約90分。

というのは、あくまで平均値に過ぎません。

スポンサーリンク

80〜110分と、かなりの個人差があるのです。

もし110分周期の人が、90分を信じ込んでノンレム睡眠中に無理して起きているとしたら、かなり辛い睡眠習慣になってしまいます。
90分という時間は、たまたま1時間半で区切り良く見えるため、むやみに目立ってしまっただけなのです。従って、とらわれる必要は全くなし!

ちなみに、80〜110分周期で交互に訪れるノンレム睡眠とレム睡眠のうち、レム睡眠の割合は時間が経過するほど増えてきます。

朝が近づく頃には、レム睡眠になっている時間の方が多くなるのです。つまり、朝が近づく=起きやすい時間が増えるということ。

朝、自然に目が覚めたら、それがあなたのグッドタイミング。

90分の倍数かどうかなど気にせず、パッと布団を出ましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です