とてつもなく辛い生理痛からくる貧血!原因と対策や貧血対処法を紹介

生理痛は下腹部や腰の痛みだけではなく、貧血やめまい、吐き気などが現れることがあります。症状がひどいと朝起き上がるのもつらく、日常生活に支障が出るケースも少なくありません。そこで今回は、生理痛で貧血が起こる原因やしくみ、対策のほか、貧血によるめまいが起きたときの対処法についてもご説明します。

スポンサーリンク
  

血液が子宮に集まることで起こる虚血性貧血

貧血の中で最も多く見られる症状は「鉄欠乏性貧血」ですが、生理中に起こる貧血は「虚血性貧血」に当てはまります。これは、本来脳に行くはずの血液が子宮に集まり、脳への血液供給量が局所的に少なくなるために起こる症状。生理の時に頭痛になりやすいのも、これが原因と言われています。

この虚血性貧血の症状は一時的で、生理が落ち着くと血流バランスが整うので症状は治まります。そのためあまり心配する必要はありませんが、もし慢性的に貧血が続くようであれば気を付けて。貧血を放っておくと、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす恐れがあるため、油断は禁物です。

生理中に貧血でめまいが起きたときの対処法は?

生理痛に伴う貧血が原因で起きためまいは、一時的に酸欠状態になった脳へ酸素を行き渡らせるために安静にすることが大切です。めまいが起きたときに無理に動くと、脳が酸素を必要としてしまうのでめまいが悪化します。

横になるか椅子に座ってめまいが治まるまでゆっくり休みましょう。その際、ベルトやボタンなど体を締め付けているものがあれば緩めて、タオルや毛布で体を温めておくと早く治まりますよ。

スポンサーリンク

生理痛の貧血対策は?

貧血予防は普段からの食生活を見直すことが大切です。普段から、酸素を運ぶのに必要な鉄分をしっかりと摂取しましょう。鉄分が足りていれば鉄欠乏性貧血になることも防げますし、一時的に血流量が少なくなっても、少しの血液で十分な酸素を供給して虚血性貧血を防ぐことにもつながります。

鉄分が多く含まれる食材としては、レバーや赤身肉、いわし、かつお、ほうれん草、小松菜、プルーン、大豆製品などが挙げられます。こうした食材を3食のなかでバランスよく取り入れましょう。食事だけで十分な鉄分を摂取できないときは、市販の鉄分サプリメントを利用してもかまいません。

また、ビタミンCやタンパク質なども一緒に摂取すると鉄分の吸収率がアップするのでおすすめです。自分なりの貧血解消メニューを考えてみてくださいね。

まとめ

生理痛で貧血やめまいが起きると、日常生活もつらくなります。できれば生理痛が起きる前から予防に努めましょう。

しかし、食生活や生活習慣を見直しても貧血がよくならないときは、無理をせずに婦人科を受診してください。鉄欠乏性貧血や虚血性貧血ではなく、腎臓や肝臓などの臓器トラブルや血液の病気などの可能性もゼロではありません。病気が原因ではない場合も、症状によっては鉄剤などを処方してもらえるので、1人で悩まず、早めに病院を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です