口が臭い!喉の奥から臭う!歯磨きしているし胃腸や内臓も問題ないのに

毎日しっかり歯磨きをしているのに、お口のニオイが気になる。

胃腸や内臓も問題ないのにどうして?

しかも、お口というよりも喉の奥から臭っているような感じ。

このような悩みを抱えている人は多いです。

一つ一つ、見ていきましょう。

口が臭い!喉の奥から臭う!歯磨きしているし胃腸や内臓も問題ないのに

あなたは、こんなことで悩んでいませんか?

  • 歯磨きをしっかりしているのに口臭がする
  • 堪え難い口臭で子どもに避けられる
  • 朝の寝起きの口の臭いは最悪
  • 口臭が気になってしまいコミュニケーションに支障が出る
  • 相手が「臭い」と思っているのではないかと心配になり会話に集中できない
  • 口臭が強烈で寝室が臭い

普段から口臭を気にしている方の多くは、歯磨きをしっかりしても口臭が変わっていないのではないかと感じています。

それは、間違いではありません。

学術論文でも、口臭がある人は歯磨きをしても口臭は改善しないことが多いということが明らかになっています。

ではなぜ、ブラッシングをしても口臭がするのでしょうか。

それは・・・

歯磨きをすると舌の奥の方が刺激されて、奥にたまっていた汚れから口臭が出るからなんです。

口臭は、お口の中でバクテリアが繁殖することで発生するいや〜な臭いのことをいいます。

にんにくを食べると口が臭くなりますが、それは一時的なことで、口臭の本当の原因ではありません。

口臭の本当の原因は、ほとんどの場合「お口のケアの習慣」が身についていないことにあります。それも、正しいお口のケアを習慣づけることが重要です。

ケアがきちんとできていないと、歯肉線や舌の奥でバクテリアが発生します。このバクテリアが蓄積することで口臭となります。

バクテリアは、どんな時に発生するの?

・歯磨きをしなかった時

・水分をずっと飲まずに活動しているなど脱水状態にある時

・普段飲んでいるお薬の副作用などで、唾液の分泌量が減りドライマウス症状がある時
→舌の上にバクテリアが発生します

そのほかにも、食事・睡眠・ストレス・など様々な要因がバクテリアの繁殖に関係しています。

タバコも口臭の原因になります。禁煙したい方は、禁煙外来でお医者さんに相談してみてください。

口の奥は、舌(舌苔)や扁桃の汚れ(膿栓)の汚れがあります。この汚れからくる口臭は、歯周病や体内からの口臭とは異なります。

舌苔や膿栓に汚れ(バクテリア)がたまると、第3の口臭が発生します!

これは、歯を磨いても取れないやっかいな口臭です。喉の奥から臭ってくる口臭・・・。

舌苔や膿栓をケアする時、どんな対策を取りますか?

  • タブレットを食べる?
  • 舌磨き用のブラシを使う?
  • サプリメントを飲む?

色々と、口臭対策グッズ・ケアの商品が売っていますよね。

しかし、残念ながらこれらの方法は効果があいまいです。

なので「口臭予防になるよ」とか、「口臭が除去できますよ」と自信を持って言えるような方法ではありません。

じゃあどうしたらいいの〜〜><?

と、困りますよね。

結論!!

歯磨きをしても取れない、喉の奥からの口臭を予防するためにはルブレンしかないんです。

 

ルブレンは、口臭予防の効果がある、スプレータイプの洗口液です。

ルブレンって何がいいの?

オーガニック処方

50%以上がオーガニック認証済みの成分で作られています。

洗口液といってもお口に入れるものなので、なるべく成分にはこだわりたいという方も多いです。

オーガニック果実の蒸留水を使用

洗口液の重量の多くを占める「水」ですが、これをシイクワシャーを蒸留してできる果実水にしました。

ここで疑問!

疑問:シイクワシャーってなに?

答え:シークヮーサーのこと!

シイクワシャー=シークヮーサーなんです。

ですが、あえてこのように表記するのには理由があります。食品表示基準(食品表示法)で、一括表示の原材料名は「シイクワシャー」と表示することが定められているんです。

私たちは普段「シークヮーサー」と呼ぶ機会が多いため、あまりなじみのない表示ですが、背景にはこんな理由があったんですね。

それで。

洗口液には「水」が多く含まれているのですが、ルブレンはこの水を、シイクワシャーを蒸留してできる果実水を採用しています。

果実水を採用した理由としては、殺菌剤や薬剤などを使わずにオーガニックにこだわっているからです。

さらに、8種類のハーブも蒸留水にブレンドされており、その全てがオーガニックです。

ハーブの働きは、以下の通りです。

  • オーガニックラベンダー花エキス(保湿剤として)
  • フランス海岸松樹エキス(洗浄助剤として)
  • ユーカリ葉油(着香剤として)
  • スペアミント油(着香剤として)
  • オーガニックローズマリー葉エキス(保湿剤として)
  • オーガニックオレンジ果皮油(着香剤として)
  • オーガニックセージ葉エキス(保湿剤として)
  • タベブイアインペチギノサ樹皮エキス(清浄助剤として)

これらのオーガニック成分は、全て有機認証済みです。

防腐剤として銀イオン(酸化銀)を配合

銀は極めてアレルギーになりにくい金属です。

1987年東京都済生会中央病院皮膚科の金属パッチテストの調べでは、銀でアレルギーになった方はいなかったようです。また、日本イオンでは銀だけでなく、銀イオン水の状態でもパッチテストを行なった結果、アレルギー反応は一切確認されませんでした。

銀イオン(酸化銀)は大量に摂取するのではなく防腐剤程度の配合では問題ありません。フランスのエコサート(国際有機認証機関)では、配合しても良い原料として認められています。

ベルギーのNATRUE(自然・オーガニック化粧品の国際認証機関)でも自然化粧品に酸化銀の含有が認められています。

▼銀イオンは、以下の国際的オーガニック認証機関で配合が認められています。

・フランスのエコサート(国際有機認証機関)

・ベルギーのNATRUE(自然・オーガニック化粧品の国際認証機関)

注意
水銀と銀は全くの別物です。

銀イオンはバクテリアやウイルスを殺菌する効果もあります。

菌での実験データは

日本食品分析センターで菌汚染に耐えられるのかを調べたところ、

このような結果となりました。

ちなみに、日本食品分析センターとは・・・

食品や医薬品、化粧品などの衛生や品質管理のための微生物検査などを行なっている分析試験機関です。

スッキリ感をすぐに実感

使用後はすぐにお口の中がスッキリとします。

サプリメントを飲むよりも、洗口液は爽快感を実感しやすいです。

オススメは、夜寝る前に使うこと!就寝直前に使うことで、翌朝の口臭がいつもより気にならないのを実感できるでしょう。

これまで、毎晩丁寧にブラッシングをして、さらにフロスなどを使っても、翌朝の口臭が気になり続けていた方は、ぜひ寝る前にルブレンでうがいをしてみてください。

翌朝の驚きと感動を体感してください。

おしまいに

口臭は、正しい対策とケアをすることで、改善します。

とはいっても、真面目にブラッシングを続けていても、その臭いの原因は何かを突き止めないと改善は難しいです。

今回、紹介した洗口液は歯磨きでは取れないところにあるバクテリアにアプローチできるので、これまでにはない口腔ケアを取り入れることができます。

口臭対策の基本は、ブラッシング・フロス・しっかり口をゆすぐ。この3つです。

ここに、ルブレンを追加して毎日の習慣にしましょう。お口の健康習慣の効果を高めることができます。

スポンサーリンク