成功する人は朝型が多い?起床から2時間が成功のカギ

よく、成功する人は朝型が多いと言われますが、本当でしょうか?

「億万長者の9割が朝型人間だ」と、ある会社の社長から聞いたことがあります。

その方も、毎朝4時に起きていると言っていました。

人は昔から朝の陽ざしを浴びて起床し、日が落ちるまで活動し、夜には寝るという生活をしていました。その結果、人の体は朝になると、様々なホルモンが分泌を始めるようにできています。

これも、人間が進化の過程で得たことです。

また、睡眠中は昼間に得た、様々な情報を脳で整理します。そのため、朝は情報が整理された一番良い状態なのです。寝起きから約2時間が、その状態になります。

スポンサーリンク

この体の仕組みは今でも受け継がれ、私たちの体は朝、ちゃんと起きて日の光を浴びることでリズムが整い、規則正しい生活を送れるようにできています。

例えば、遅くまで仕事をしなければならない時があっても、朝ちゃんと起きて生活を始めることで、体のリズムが維持されます。

睡眠時間が不足して眠くなった時は、昼寝という短時間睡眠で補えばいいのです。そうすることで、眠気もおさまり、睡眠不足という状態を解消することができます。

睡眠不足になると、注意力が低下し、判断力も鈍ってしまいます。正しい判断ができなければ、仕事もプライベートも成功するわけがありませんよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です