寝だめは全く効果がない!夜になると眠気がおそう

毎日、忙しく終電で帰宅し、寝る時間もないという人がいます。

仕事が山ほどあり、毎日朝8時から夜12時くらいまで仕事をして、時にはそのあと飲みに行くことも。。

そんな風に忙しい毎日を送る人の中には、「寝だめできないかな」と思う人も多いのではないでしょうか。

結論を言いますと、寝だめはできません。

理由は、人には寝るタイミングを決めるサーカディアンリズム(1日のリズム)と、日中の疲労をその日のうちに解消する仕組みがあるためです。

スポンサーリンク

例えば、翌日徹夜になりそうだからといって、前夜にたくさん睡眠をとったとしても、1日周期で、「眠くなる」という体のリズムが働き、夜には眠気が襲ってきます。

一方、人には「日中の疲労を解消したい」という欲求があります。昼間の活動によって、脳には眠るエネルギーが溜まってきます。「睡眠圧」というものです。

「眠くなる」という体のリズムが働き、「眠りたい」という欲求が高まるので、夜にはどうしても眠くなってしまうのです。

つまり、前日の寝だめは全く効果がありません。

無理をせず、寝るときは寝ましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です