[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

新潟まつり花火大会2019の見どころや駐車場や穴場スポットを紹介

新潟の夏を盛り上げ、彩る「新潟まつり花火大会」!!

毎年多くの方が訪れ、楽しみにしている花火です。

新潟まつりは、住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭の4つの祭りがひとつになった新潟の夏の一大イベントです。

ナイアガラ大瀑布、大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」など超ド級の花火が新潟の夜空を明るく華やかに彩ります。

今回は、見どころや駐車場、穴場スポットについて紹介します。

スポンサーリンク

新潟まつり花火大会の日程

開催日 2019年8月11日(日)
※雨天決行、荒天の場合は8/12に延期

時間 19:15~20:55
開催場所 昭和大橋西詰上流(新潟市中央区信濃川河畔)

打ち上げ数 約10,000発

交通

【電車】
◆JR新潟駅またはJR越後線「白山駅」より徒歩で15分

【車】
◆北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で15分
※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 なし

お問合せ 025-226-2608 新潟市観光政策課

荒天時は12日(月)に順延となるので、当日の天気予報は要チェックです★

昨年の来場者数は約55万人です!すごい数ですね。

また、トイレは24ヶ所(公衆トイレ含む)あります。

スポンサーリンク

見どころ

音楽に合わせて打ち上がるBGM花火ショー、ワイドスターマイン(エボリューション)、ナイアガラが見どころです!

間近で見ると迫力がものすごくて、圧倒されます。

「エボリューション」というのは、大型のスターマインのことです。
かっこいい名前がついています。笑

何百連発もの花火がドンドンと連続で打ち上げられます。名前の通り、かっこよすぎる花火なんです!

信濃川の川面に花火がうつるところも見どころです。夜景と花火が本当にきれいにうつり、幻想的です。

駐車場について

悲しいのですが、駐車場はありません><

臨時駐車場、専用駐車場は用意されないので、周辺のコインパーキングや有料駐車場を利用しましょう。

新潟駅周辺にはたくさんの駐車場があります。

新潟まつり花火大会は、夜だけではなく日中から様々なイベントが行われるので、会場周辺は交通規制があります。

不便でなければ公共交通機関を使った方がストレスがないです。

数駅離れた駅に車をとめて、そこから電車で来る方もいます。

バスもありますよ

アクセス手段はバスも便利です♪

花火大会会場周辺を走る市内バスが迂回運転しています。

アクセス方法

電車の場合

JR新潟駅万代口より徒歩15分
JR白山駅南口より徒歩15分

車の場合

北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で15分

現地入りは朝がおすすめ。

交通規制:18:00~21:00会場周辺

穴場スポット

 

花火打ち上げ会場対岸の川岸

目の前で花火が上がるのでよく見えます。

川岸に出れば比較的広範囲で花火が鑑賞できます。

ここは広いので、比較的遅めにきても場所がなくなるという可能性は少ないです。

ただ、いい場所なので、早めに来れば来るほどベストなポジションを確保できます。

朱鷺メッセ

JR新潟駅から歩いて行くのはかなり大変です〜。

朱鷺メッセに行くなら、バスを使うといいですよ。

お祭りを楽しみたい方や、早めに現地入りする方などは、駅からのんびり歩きながら屋台を楽しむのもいいですね。

花火の打ち上げ場所からは少し離れています。しかし朱鷺メッセ周辺は空いており、ゆっくり花火を観覧することができます。
家族連れやカップルにもおすすめの穴場スポットですよ。

一応、レジャーシートがあると安心です。

昭和大橋

この辺りって、橋が色々あるんですよね。

この橋から打ち上げ場所は近いです。

フォトグラファーがここで写真を撮ったりもしています。

絶景ポイントでもあるので、混みやすいです。

やすらぎ堤

普段は、カップルがコーヒーを飲みながらゆっくりベンチに座っていたり、お散歩する人がいます。

朝や夕方にはウォーキングやランニングをしている方もたくさんいます。

あと、犬のお散歩。

新潟市民にとって身近な場所です。

それもあって、花火大会の日はここで見る方は結構います。しかも、打ち上げ場所が近いので(ほぼ目の前)迫力も存分に味わえます。

やすらぎ堤はかなり広いです。ベンチもいくつかありますので早めに行けば座って快適に見ることができます。

あと、川面に映る花火がまたロマンチック&幻想的です。

屋台も出ます!

ここは早めに行って場所を取るのが賢明です。

レジャーシート必須です。虫除け対策も必須です!

八千代橋付近

会場から近いのに(徒歩10分程度)、それほど混みません。

視界を遮る建物もないので、きれいに花火が見えます。オススメ。

八千代橋付近の土手

JR新潟駅から徒歩20分くらいあります><

浴衣の方やヒールのあるサンダルを履いていたら歩くのがきついかも〜。

ガンガン歩ける方向けです。

ここは、建物がなく視界を遮るものがないので、迫力ある花火を堪能できる一押しの鑑賞スポットです。

やや混雑するので、場所取りはお早めに。

新潟県庁の裏の土手

県庁裏の道路は当日通行止めになります。その場所から花火を楽しむことができます。

駐車場がないので注意。

打ち上げ会場からは離れますが、その分まったりとしながら花火を満喫できますよ。

白山公園

木があるので、見えにくい場所もあります。

よく見えるベストスポットを自分で探す必要があります。

しかし、混雑はしないので落ち着いて見たい方はここがいいかもしれません。

白山神社は新潟の有名な観光スポットでもありますよ。

近くの古町通も美味しいお店がたくさんあります。テイクアウトできる甘酒屋さんや、チョコレート専門店、新潟のお土産屋さんなどが立ち並びます。

散策も楽しいですよ^^カップルにもおすすめ!

西海岸公園

かなり会場からは離れます。

車で移動する方におすすめです。徒歩ではきついです。

駐車場が西海岸公園の中にあります。花火大会が終わってからも混雑しないので、スムーズに帰れます!

有料席情報!

例年、昭和大橋上流のやすらぎ堤右岸に設置されていた有料席が、今年から新潟市陸上競技場に設けられます。

* 販売数
* 2,500席(メインスタンド席 全席自由席)
* 場所
* 新潟市陸上競技場
* 販売額
* 2,000円/1席
* 販売期間
* 6月19日(水)~8月10日(土)※先着順

※先着順です。イープラスやファミリーマート(Famiポート)でも購入可(一部取り扱ってない区分あり)。花火大会中止の場合のみ半額を払い戻し。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、新潟まつり花火大会の穴場やおすすめスポットなどについてご紹介しました。

それぞれの場所で、楽しみ方があります★

お祭りも大規模なので、ぜひ楽しんでください。

新潟のお祭りといえば、ぽっぽ焼きです。美味しすぎるので、ぜひ探してみてください!笑

スポンサーリンク