[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ハロウィンメイク【メンズ】男性が簡単にできるかっこいい仮装メイク

ハロウィンを前に、

「仮装メイクってどうやるの?」と悩む男性は多いです。

「普段メイクしないのに、ハロウィン用の凝ったメイクなんて難易度高い」と思う方もいるかもしれません。

そこで今回は、普段メイクをする習慣がない男性でも簡単にできる「かっこいい仮装メイク」を紹介します!

スポンサーリンク

◆ヴァンパイア◆

男性のハロウィンコスプレの定番とも言えるヴァンパイア!

特徴としては、

・白い肌

・傷跡などの特殊メイク

・目の下のクマ

「特殊メイク」というと難しそうに感じてしまいますが、メイク道具は全て100均でそろいます♪

【ヴァンパイアメイクのやり方】

①白いファンデーションを肌にのばす。

②コンシーラーで気になる部分をカバーする。

③黒いアイシャドウで目元を黒くふちどる。

④血色の悪い色のリップを塗る。

◆海賊◆

『ジャック・スパロウ』のような海賊メイクもかっこいいです。
男性からも女性からも支持される、ファッショナブルなコスプレです。
ただし、人気があるので、他の人と被ってしまう可能性があります(笑)

【海賊メイクのやり方】

①自分の肌よりも色の濃いファンデーションを塗る。
→海賊らしい、こんがり焼けた肌を演出。

②先ほど塗ったファンデーションよりも濃い茶色で頬、鼻筋、こめかみを塗り、ブラシでぼかす。ファンデーションとの境目をなくすように馴染ませていく。

③黒のアイライナーで目の周りを縁取る。その後、綿棒でちょっとぼかしてアイラインを自然な感じに。

④つけひげ、かつら、バンダナをつけて完成!
→ひげは、アイライナーで描いてもOK!

◆ゾンビ◆

「難しそう」というイメージを持つ方が多い、ゾンビメイク。
今回は、なるべく手順がシンプルで挑戦しやすいやり方を紹介します。

【ゾンビメイクのやり方】

①目の周りに、広めに黒いアイシャドウでクマを付ける。

②傷シールをはる。

③服に少し赤いフェイスカラーで色をつける。顔につけてもOK。

お好みで、顔を白塗りにしてもいいです。かなり明るめの白っぽいファンデを塗って、顔色を悪くさせてもいいでしょう。
ただ、やりすぎるとすごく怖くて近寄り難くなってしまうので、ほどほどに。

傷シールではなく、自分で作ってみたいという方へ!

【傷のつくり方】

①下地にボンド(または特殊メイク用ワックス)を塗る。
※この時、傷をイメージしながら作るのがポイント。口が裂けるような感じで塗ったり。

②塗ったボンドに爪楊枝で傷をつくる。

③目元をフェイスカラーで黒くする。濃すぎるくらい塗りましょう。
→がっつり黒いアイラインを引いて、真っ赤なアイシャドウで目の下(涙袋のあたり)を塗るのも、ゾンビっぽい雰囲気が出ます。

④ボンドの上に明るめの赤いフェイスカラー→濃い赤のフェイスカラーの順番に塗る。塗りきれなかった部分には綿棒で細かく塗っていく。

⑤傷の周りをフェイスカラーで黒く塗る。

痛々しい、かなり本格的な傷を作ることができます!敏感肌の方はやめておきましょう。

補足
カラコンを赤と白の2色、片目ずつ入れるとゾンビ感が増します。ただ、見た目が怖くなるのでナチュラルゾンビでいたい方はカラコン無しでOKです。

◆ジョーカー◆

『ダークナイト』のジョーカーも、人気があります。

【ジョーカーメイクのやり方】

①口元から頬にむけて下書きをする。「メイクアップクリーム」というものを使います。色は黒。

②目の周りを顔ペンで囲む。アイラインよりも幅広目で。

③顔を白塗りにする。目と口の周りは、あけておく。

④目元を丸く、黒いメイクアップクリームで塗っていく。指でぼかすと雰囲気が出ます。

⑤下書きした口元の上に赤いメイクアップクリームを塗る。これも指でぼかす。

補足
③の後に水白粉と小麦粉を混ぜたものを顔に塗ると、乾いたときに割れてより一層ジョーカーに近づきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞台屋(ぶたいや) 水白粉 ホワイト (B)_3a_
価格:1080円(税込、送料別) (2019/8/24時点)

◆骸骨(スカル)◆

骸骨メイクも難しそうですね〜。

しかし、男性でも簡単にできちゃうんです。

【骸骨(スカル)メイクのやり方】

①色のついていない下地を塗る。

②黒のメイクアップクリームで目の周り、鼻、頬骨、口などを骸骨っぽく描いていく。歯の形を下書きしておく。

③真っ白のメイクアップクリームで歯を描く!

◆ピエロ◆

ピエロのメイクは、男性も女性もやる方が多いです。

可愛らしさもあり、人気です♪

【ピエロメイクのやり方】

①顔を白塗りにする。

②赤のメイクアップクリームで、唇・鼻を塗る。唇はおちょぼ口のように描いてもかわいいです!
→口が裂けているように横に伸ばす描き方もありますが、やりすぎると怖くなっちゃうのでほどほどに。

③目には、水色や赤などポップなカラーのフェイスペイント/顔ペンで模様を描きます。模様は、ハートマークや星型などがピエロらしくておすすめ。

ギラギラのラメ入りパウダーも、ハロウィンメイクにはかなり使えます。

④頰にチークを入れるようにピンク色のフェイスペイント/顔ペンで丸く塗る。

⑤アフロヘアなど、自分の好みのピエロに一番近いイメージのかつらをかぶる!
【楽天市場】「ハロウィン ピエロ アフロ」の検索結果はこちら

◆カオナシ◆

かっこよさを求める方には「違う」と言われそうですが、カオナシも人気があるんですよ。

ハロウィンイベントでも人気者になること間違いなし。存在感もバッチリです。

【カオナシ メイクのやり方】

フェイスペイント/顔ペンの暗い色(アイシャドウななどでもOK)でカオナシの「▼」マークを下書きする。その後、黒のフェイスペイントで塗りつぶす。

②白のドーランで顔を白塗りにする。

③黒のアイライナーか、フェイスペイントで目の周り、唇、残しておいた顔の周りを塗る。

④黒かグレーのフェイスペイントで目のクマと唇の下に陰影をつける。

カオナシになるコツ
カオナシの画像をお手元に用意して、忠実に自分の顔面で再現できるように丁寧に描く。
スポンサーリンク

おしまいに

ここまで、男性向けのハロウィンメイクのアイディアについて紹介してきました。

やってみたいメイクはありましたか^^?

それでは、今年も楽しいハロウィンをお過ごしください٩( ‘ω’ )و

スポンサーリンク