[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

天皇陛下即位パレード日程や時間・ルートや交通規制、センチュリー

天皇陛下の御即位を広く披露(ひろう)するための国の儀式である、天皇陛下即位パレード。

日程や時間、パレードのルートや交通規制、そして天皇陛下が乗る車「センチュリー」についてもまとめました。

スポンサーリンク

天皇陛下即位パレード「祝賀御列の儀」の日程

天皇陛下即位パレードは、令和元年10月22日(火)に行われます。

天皇皇后両陛下のパレードは、「祝賀御列の儀」といいます。読み方は、「しゅくがおんれつのぎ」です。

このパレードは、天皇陛下の御即位を国民に広く披露するため、そして祝福を受けるために行われる国の儀式です。

当日は、200近い外国の元首が参列します。日本国民だけではなく世界中が注目するパレードです。

国民がこぞってお祝いするので、今年(2019年)だけ10月22日(火)は休日となります。

天皇陛下即位パレード「祝賀御列の儀」の時間

10月22日(火)午後3時半からパレードが始まります。

台風など悪天候となった場合の予備日は、10月26日(土)です。

天皇皇后両陛下が勲章やティアラを着用した正装で、皇居から赤坂御所まで約30分間、オープンカーで移動されます。

天皇陛下即位パレードのルートは?

皇居・宮殿~二重橋前交差点~桜田門交差点~国会議事堂正門前~憲政記念館前交差点~国立国会図書館前~平河町交差点~都道府県会館前~赤坂御用地南門前~青山一丁目交差点~権田原交差点~赤坂御所

距離にして約4.6kmとなります!

天皇陛下即位パレードの交通規制


出典:FNN PRIME

パレード当日は、東京都心で大規模な交通規制が行われます。

皇居から赤坂御所までのパレードコース周辺は、広範囲で通行止になります。

また、即位の式典のため来日する外国要人の宿泊先周辺でも、翌日にかけて高速の出入り口や一般道が規制されます。

天皇陛下即位パレードの車「センチュリー」

パレードで使う車は、トヨタ自動車の高級車「センチュリー」です。

しかも、ただのセンチュリーではありません!

「祝賀御列の儀」のために、特注で改造したオープンカー仕様となっております。

2019年9月中に、内閣府に納車されます。

トヨタが2018年に全面改良して市販した3代目センチュリーがベース車両で、車体は全長5.34メートル、全幅1.93メートルです。

これは、1990年11月の平成の時に使った英ロールスロイス製のコーニッシュⅢのオープンカー(全長5.27メートル、全幅1.86メートル)よりやや大きいです。

燃費はガソリン1リットルあたり13.6キロ(JC08モード)。

衝突回避、自動ブレーキシステムのほか、後部座席にはサイドエアバッグを装備しています。

沿道から両陛下がきれいに美しく見えるように、座面の角度などを工夫しているという細やかさ!

細部までこだわり尽くした特注の「センチュリー」も、パレードの見どころの一つです。

おしまいに

国民みんなで天皇即位をお祝いしましょう!

スポンサーリンク