[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

文化祭で彼女を作るには?自然に話しかける方法や失敗パターンも紹介

文化祭の季節がやってきました。

他校の文化祭に遊びに行くという方もいますよね。しかも、単に遊びに行くだけではなく「彼女を作りたい」という気持ちで行く人も中にはいるでしょう。

でも、何も準備せずに行ってしまうと、ただ遊びに行って何もなく終わった。なんていうことになりかねません。

今回は、文化祭で彼女を作るには?というテーマで自然に女の子と出会い、仲良くなる方法を紹介します。

スポンサーリンク

文化祭で彼女を作るには?

文化祭で彼女を作る際のポイントを紹介します。

共学よりも女子高がオススメ

文化祭で彼女を作るなら、女子高に行ってみましょう。共学でもいいのですが、彼氏がいるか・いないかを見極めるのは難しいです。せっかく知り合って話すことができても、彼氏がいたら別の子をまた探さなくてはいけません。

でも、気になる子にどんどんアプローチするという経験は大事ですので、彼氏がいるかもなんて気にし過ぎて声をかけられないくらいなら、気にせず積極的に話しかけましょう。もし、拒否られてもズーンと落ち込まず、気にしないくらいのメンタルで行きましょう!

女子高をオススメする理由ですが、本当に出会いの場がないんですよね。なので文化祭の機会をチャンスだと思って出会いを探している子も中にはいます。実際に、女子高の生徒が男子校の文化祭に遊びに行くこともあるそうです。もちろん、出会い目的で。

女子高の文化祭に行くなら、遠方は控えましょう。理由は、遠すぎるとせっかく知り合っても会えるタイミングが少なくなってしまうからです。

高校生だと、交通手段が限られてきますよね。大体は電車か、バスか、自転車か、原付ですよね。

今は高校生もみんなスマホを持っている時代なので、会える回数が少なくてもラインでコミュニケーションは取れますが、お互い部活動などをしていると、やはり距離が近い方が会えるので、なるべく近いところに行きましょう。

1人ではなく複数人で行こう

女子高の文化祭に行く場合、一人で乗り込むと変な目で見られてしまう可能性があります。

友達数人で行くと、悪目立ちしないと思います。自然に、遊びに来たのかな?という風に感じます。人数は、多くても3人まで。2〜3人がベストです。人数が多すぎると、近寄り難いです。

2〜3人程度なら、話しかけやすい・話しかけられても自然に交流できます。

女子生徒は、グループでいることも多いので、自然にみんなで話すという雰囲気ができやすいです。

また、自分たちのグループと雰囲気の似ているグループ同士なら、仲良くなれる確率は上がります!

スポンサーリンク

文化祭で彼女を作る|自然に話しかける方法!

初めて会うのですから、話しかけるのには勇気が必要ですよね。「何を話せばいいかわからん!!」という人も多いでしょう。

そんな時のために、自然に話しかける方法を伝授します。

まずは、話しかけられそうな子を見つけて、

1)オススメの食べ物を教えてもらう

2)「このお化け屋敷ってどこでやってるの?」と、行きたい場所について聞く。

このような話題なら、高確率で応じてもらえます。まず、怪しまれません。

そして、教えてもらったら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えて、一旦その場からはなれて目的地に向かいます。

で、ここまでだと普通に終わっちゃうので。

本番は、ここからです。

先ほど教えてもらった目的地で、食べ物を食べたり、遊んだりしますよね。

そのあと、先ほど教えてもらった子のところへ戻ります。そして、改めて「たどり着けた感謝の気持ちと食べた(遊んだ)感想を伝えます」!

ここが、ポイント。

教えてもらったら、実際にやってみて、感想を伝える。

感想を伝えにわざわざ来る人はなかなかいません。なので印象に残ります。しかも、好印象で。

例えば、プレゼントをもらったら「ありがとう」とお礼を言うだけではなく、使ってみた感想を後日伝えると、贈った相手はさらに嬉しい気持ちになります。

よくある失敗パターン

ここで、よくある失敗パターンを紹介します。

先ほどのように、出店の場所を教えてもらうときに、案内してほしいと言う人がいます。これはよくある失敗パターンで、言われた側からするとナンパにしか感じないんですよね。

パンフレットには地図が載っていることが多いです。出し物の場所が詳しく書いてあるはずです。

それなのに、ついてきてほしい。案内してほしいと言われても。。

((ナンパですか?))←心の声

と、警戒心が生まれてしまうのです。ナンパだと気づかれてしまうと、警戒されることがあります。

嬉しい!と思う子もいますが、ナンパが嫌い・苦手だと言う子は多いです。

でも・・・例外があります。

ナンパするなら、玉砕覚悟で誠意を見せるのも一つです。

例えば、私が思い当たるナンパの成功例が一つあります。

すみません、本当にすみません!今、声かけなきゃ後悔すると思って・・・。

ナンパ嫌いの私の友人が、唯一足を止めた一言です。

その後、連絡先を交換し、ご飯にも行ったそうです。しばらく連絡を取り合っていましたが、結局お付き合いには至りませんでした。付き合えてはいないのですが、ナンパが成功することもあるという例でした。

その人の性格にもよるのですが、文化祭という場であっても、ある程度の積極的さと、相手の気持ちを考えて行動する柔軟性が大切です。

ぜひ、初対面であっても「この人は!」と思う子に出会ってしまったら、勇気を出して素直な気持ちを誠意をもって伝えましょう。後悔のないように。

おしまいに

文化祭は、男子校生にとっても女子高生にとっても貴重な出会いの機会です。

もしいい出会いがあったら、逃がさないようにしましょう(^_^)

スポンサーリンク