[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

卒業式の保護者(母)の服装|ストッキングの色は黒?肌色?タイツはNG?

卒業式といえばお子さんの晴れの舞台ですが、保護者にとっても大事な行事です。

着物などの和装で参加する保護者は少なくなってきましたが、フォーマルな服装で参加しなければならないのは変わりません。

シンプルにスーツやワンピースなどで参加する保護者が多いと思いますが、スカートの下は何を履けばいいのでしょうか?

素足はNGですので、ストッキングを着用することになりますが、何色がベストなのでしょうか?

また地域によっては、とてもじゃないけど寒くてストッキングだけではいられない…

なんてこともあるかもしれません。

そこで今回は、卒業式でのベストなストッキング選びと、タイツの着用の可否についてお話していきます。

スポンサーリンク

卒業式の保護者の服装!ストッキングの色は黒がふさわしい?それとも肌色(ベージュ)?

卒業式の保護者の服装は、スーツスタイルやジャケットにスカートといったフォーマルなコーディネートの方がほとんどです。

着物で参加する方もいますが、着付けなどの関係もあり最近では少数派となっています。

服装はわかったけど、スカートの下には何を履けばいいのだろう?

ストッキングの色は、黒でも肌色(ベージュ)でも特にNGといったことはありません。

ピンクやオレンジ・水色など、常識的に考えてフォーマルな場に合わない色は避けましょう。

実際には、肌色(ベージュ)タイプのものを着用する保護者が多いようです。


【楽天1位!】ストッキング新入荷!暖か裏起毛あったかタイツ・レギンス・トレンカ/スパッツ 防寒/保温/冷え防止/ストレッチ/美脚 暖かい 裏起毛 腹巻着圧登場!【S〜L対応】+3.7℃温かい【メール便送料無料】 バーゲン

これには理由があります。

スーツが黒の場合に黒いストッキングを着用すると、全身真っ黒のコーディネートになりお葬式などを連想させる暗い印象となってしまうのです。

卒業式は子どもの晴れの舞台ですので、暗いイメージよりも明るいイメージが好まれます。

その点肌色(ベージュ)ならば、足元が明るくなるのでお勧めです。

ただ先ほどもお伝えしたように、必ず肌色(ベージュ)でなければならないということはないので、当日のコーディネートと照らし合わせながら決めると良いでしょう。

ちなみに、柄付きのストッキングはNGですので、注意してくださいね。

さて、ここまではストッキングの色についてお話してきましたが、タイツはどうなのでしょうか?

次の項目では、卒業式にタイツはOKなのかについて詳しくお話していきます。

卒業式の保護者の服装|寒いのでストッキングの代わりにタイツを履いていってもいい?それともタイツはNG?

結論から言いますと、卒業式でのタイツの着用はNGです。

ストッキングとタイツの違いは、デニール(厚さ)の違いですが、厚さが厚いほどカジュアルとみなされるため、フォーマルな印象から離れてしまいます。

ちなみにストッキングに分類されるのは、デニール30未満のもの。それ以上のものはタイツに分類されます。

寒い地域などでは、ストッキングでは耐えられない!という方もいるかもしれませんが、その他の防寒対策をしっかり行い、ストッキングでの参加をお勧めします。

ちなみに、今はストッキングでもあたたかいデザインの商品などもあるので、そういった商品の選択するのも手ですね。

ただ実際には、タイツで卒業式に参加する保護者がいるのも事実です。

事前に周りの保護者の服装なども確認しておくと、当日安心して式に臨むことができそうですね。

スポンサーリンク

おしまいに

卒業式は子どもにとっても、保護者にとっても一生に一度の大切な行事です。

お互いにとって最高の思い出となるように、事前の服装チェックをしっかり行って、式に参加しましょう。

スポンサーリンク