[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

青春18切符の発売利用期間や値段や買い方使い方など疑問解決します

青春18切符について、基本的なことをまとめていきます。

具体的には、青春18切符に関する「よくある質問」を集めて答えをまとめました。

<発売・利用期間>

青春18切符が発売されるのは3シーズンです。ほとんど、学生の長期休暇と同じ時期です。

発売期間と利用期間が設定されています。発売期間は利用期間よりも、10日ほど早いです。

春・夏・冬それぞれの期間内のみ有効です。

夏用の青春18切符をを購入した場合、その年の夏季期間内のみ使用できます。

【春季】

発売期間 2月20日〜3月31日

利用期間 3月1日〜4月10日(41日間)

【夏季】

発売期間 7月1日〜8月31日

利用期間 7月20日〜9月10日(53日間)

【冬季】

発売期間 12月1日〜12月31日

利用期間 12月10日〜1月10日(32日間)

年間では約3分の1にあたる、126日間利用できます。

<どこで買えるの?>

・JRみどりの窓口

・JRの旅行センター

・旅行会社

一部主要駅の、指定券対応タイプの券売機でも購入できます。

<若い人限定の切符なの?>

いいえ、年齢制限はありません。

切符の名前が、「青春18切符」という名前なので、若い人だけが使える切符だと誤解されがちですが、老若男女誰でも購入することができますし、使うこともできます!

値段はいくらなの?

1枚11850円です。

5回分が1枚になっています。1回あたり約2370円です。

「1回分や2回分だけ買う」ということはできません。世紀販売では、バラ売りはしていません。

<払い戻しはできる?>

有効期限内かつ未使用に限り、払い戻しができます。

スポンサーリンク

ただし、手数料(220円)がかかります。

1日でも使ってしまうと払い戻しはできないので注意が必要です。

ただ、金券ショップに持ち込む方法もあります。

<どうやって使うの?>

まず、出発する駅の有人改札口で、券面に日付印を押してもらいます。

この時、自動改札機に切符を入れてしまわないように気をつけてください。

たまに、人がいない無人駅がありますね。

無人駅から乗車する場合、車内で車掌さんに日付印を入れてもらいましょう。

2日目以降も、同じように日付印を押して使います。

合計、5回分が使えます。

期間内であればどの日でも利用できます♪

券面に、5カ所の日付スタンプ欄がありますが、利用びが連続している必要はありません。

日付が入った切符は、原則としてその日の24時まで有効です。

その日の24時まで有効となれば、朝早くから乗ったほうがお得ですよねd( ̄  ̄)

ただし、東京・大阪の電車特定区間は、終電まで有効となります。

つまり、日付が変わっても終電までの乗車が認められています!

<一人で使い切らないとダメ?>

青春18切符は、一人で5回分使ってもいいですし、5人グループで1度に使い切ってもokです!

その場合は、日付印を5つ押してもらってくださいね。

また、5回分の一部を一人で使い、残った分を友達にあげてもokです。

例えば、一人で3回分使い、残り2回分をだれかに譲っても大丈夫!

一つの切符を一度に複数人で使ったり、余った切符を人にあげることができるのは、「青春18切符」の大きな特徴です。

いったん、日付印を押してもらったら、その当日分は別の人が使うことはできませんのでご注意を。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です