[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ひな人形の買い換えは問題ない?供養方法と全国各地の供養開催リスト

3月3日はひな祭り!

何らかの理由や事情で、ひな人形の買い換えを検討している方も多いです。

ひな人形を取り扱うお店でひな人形の買い換えについて質問したところ、買い換えること自体は全く問題ないそうです!

ひな人形を買い換えるときに悩む処分方法についてですが、これも特に決まりなどはありません。ただ、一生のお守りとも言われるひな人形を処分してしまうのは抵抗がある。。という考えを持つ方も多いです。

ひな人形の場合、神社などで人形供養をしてくれるところや、人形感謝祭などを開催しているところもあるそうです。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

買い替え自体に問題はない

雛人形は、買い換えてはいけないというわけではありません。

しかし、大切な娘さんの一生のお守りとされていることもあり、簡単に処分などできないと悩まれる方も多いです。

雛人形は、「大切な子どもを成人まで守る」と言われています。

大切なものだからこそ、毎年飾り付けをしていくものですが、大きな雛人形だと飾るときやしまうときの作業が大変になりま

す。飾り付けが大変だからと、だんだんお雛様を出さなくなり押入れにずっと入れたまま・・・という事態にもなりかねません。

「大きな雛人形から飾り付けが比較的楽な小さめの雛人形に買い換えたい」

という考えを持ちながらも、

「雛人形を途中で買い換えることはバチあたりではないかが気になる」

という思いがあり買い替えを悩んでいる人も少なくありません。

雛人形の意味として、子どもの身代わりであるという考え方があります。

そのことから、簡単に処分して買い換えるということに抵抗がある人が多くいます。

また、雛人形は安いものではないため、人形店は買い換えなくてもいいように十分な検討を重ねて購入するように呼びかけているお店が多くあります。

どうしても雛人形を買い換えたい、買い換えが必要である場合は、前の雛人形を供養に出すことができます。

人形の供養を実施している寺社や神社、団体もございます。

雛人形の供養に関しては、通年受付をしているところもありますが、開催日や受付の時間を指定している団体もありますので、ホームページや電話で事前に問い合わせる必要があります。

また、郵送や宅配便での受け付けが可能な神社もあります。

雛人形を取り扱うお店や、供養を受け付けている団体に、一度相談して検討されることをお勧めします。

雛人形を供養する方法

一般社団法人 日本人形協会は、「人形感謝(供養)代行サービス」を行なっています。これは、供養したい人形類を全国から引き取り、毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」で供養するというサービスです。

このサービスを利用すると、役目を終えた人形は、感謝の気持ちを込めて丁寧に供養してもらうことができます。

「人形感謝代行サービス」を申し込むと、お人形差出キットが自宅に送られてきます。

スポンサーリンク

お人形差出キットの中には以下のものが入っています。

1. ひとがた
2. お人形送り専用ラベル
3. 手続きについての説明書
4. 代金振込票(郵便振替払込取扱票)

梱包すると、自宅まで郵便局の方が取りに来てくれます。

申し込み方法は、2つあります。

電話かウェブサイトからの申し込みです。

電話で申し込みをする場合

料金は、一箱(袋) 5,000円です。

東京大神宮の「人形感謝祭」以外にも、全国各地で人形供養や感謝祭が開催されています。

全国各地で開かれる人形供養・人形感謝祭の予定をご紹介いたします。

全国各地の人形供養・人形感謝祭の予定

まとめ

昔から大切なものとして扱われてきたひな人形。
役目を終えたひな人形には感謝の気持ちを込めて丁寧に最後のお別れをしたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です