友達の親が亡くなった時はラインどう返したらいい?訃報に対するお悔やみの言葉とマナー

友達の親が亡くなったと訃報の連絡がラインできたとき、どう返したらいいのでしょうか。

また、こういう時はどうすればいいのでしょうか。

最近は、連絡手段といえばメールよりもラインを使うという方が増えてきました。

訃報の連絡の場合も、親族には電話で連絡をしても、バタバタしていたり手が離せない時など友人にはラインで取り急ぎの連絡をすることもあるようです。

ラインで連絡をもらう場合、電話や手紙などと比較したとき、お悔みの言葉の伝え方や返信の仕方など、マナーに悩むことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、友達の親が亡くなったとラインで連絡をもらったときの対応や、お悔みの言葉のマナーと文例などをまとめました。

スポンサーリンク

友達の親が亡くなった時はラインどう返したらいい?

友人から「親が亡くなった」という連絡がきたら、焦りますよね。

早くライン返さなきゃ…でもなんて返せばいいのだろう。

明確な答えがなく、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。

連絡をくれた相手のことを考えると、手が止まってしまう気持ちはよく分かります。

連絡をくれるほど、親しく、心の距離の近い友人であるということも分かりますね。

多くの方は、訃報の知らせがきたときに、すぐに電話で折り返しの連絡をしようとします。

ラインで返信をする前に、電話をかけてしまう。

一刻も早く連絡をしなければという気持ちからくる行動ですね。

しかし、「親が亡くなる」というのは本当に大変なことで、相手の気持ちは全く整理がついていない状況である可能性が高いです。

辛い中やっとの思いで、なんとかラインを送ることができた。という状況かもしれません。

また、電話だと相手の都合もありますし、気持ちの整理がつかないうちに話をするというのは難しいものです。

その点メールやラインであれば、相手の都合のよい時に確認してもらうことができます。

電話よりも、相手の精神的な負担が少ないということもあります。

一番大切なのは、友人の気持ちを察してあげること。

まずはラインで返信してから、落ち着いたときにでも電話をしたり直接会うという風にするといいですよ。

また、ラインを返すタイミングについてですが、できればすぐに返信しましょう。

「気持ちが落ち着いてから返信したほうがいいかな」と相手を思いやるばかりに気をつかってしまい、すぐには返信しないほうがいいのではないかと考えてしまう方もいますが、返信は早ければ早いほどいいです。特にこのような状況の時は。

すぐに返せない気持ちも分かるのですが、相手が辛い中でも、連絡をしてくれた。その意味を考えたら、すぐに返信をするべきです。

改まった文章や長文ではなくてもいいので、すぐに返してあげましょうね。

友達の親が亡くなった時のライン|訃報に対するお悔やみの言葉とマナー

ラインを返す際に、気をつけたいのが「お悔やみの言葉」と「マナー」です。

お悔みの言葉を使う機会は中々ないので、どのような言葉を使うのか、これでいいのか、迷ってしまいますよね。

ここでは、訃報に対するお悔やみの言葉とマナーについてまとめています。

ラインを返す前に、必ず目を通しましょう!

訃報に対するお悔やみの言葉とマナー

一般的には、「お悔やみ申し上げます」「ご冥福お祈りします」などがあります。

ただ、友人に送る場合はもっと自然な言葉を選んでもいいですよ。

具体的に何を伝えるべきなのか、見ていきましょう。

まずは連絡してくれたことに感謝の気持ちを述べる

親が亡くなったという大変なときに連絡をしてくれたということに対して、まずは感謝の気持ちを伝えましょう。

「大変な時に連絡してくれてありがとう」

病気が原因でお亡くなりになった場合は、身内の看病をしていたであろう友人を労う気持ちを忘れない言葉を添えましょう。

「突然のことで言葉もみつからないけど、お悔やみを申し上げます。私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。」

「今は色々大変だろうから、また落ち着いた時にでも連絡してね。いつでもいいからね」

「あまり無理しすぎないように気を付けてね」

「気持ちが落ち着いたら電話ちょうだい。いっぱい話し聞くからね」

親が亡くなったとき、遠方から駆け付けなければならない人も多いことでしょう。

そんなときは語尾に

「どうか道中気を付けて」や「疲れの出ないよう、気を付けて行ってきてね」

など添えると良いですね。

使ってはいけない言葉

忌み言葉は使わってはいけません。

お悔みの言葉では、「死」「苦しみ」など、生死にかかわる言葉や不吉な言葉は使ってはいけません。

死、死去、急死、生きているとき⇒(ご逝去、ご永眠、お元気なとき)と言い換える
苦しみ、浮かばれない、消える⇒言ってはいけない

忌み言葉(重ね重ね、ますますなど)も「不幸が繰り返されることを連想させてしまう言葉」になってしまうので、使わないように心掛けましょう。

重ね重ね、ますます、たびたび、重々、いよいよ、またまた、返す返すも、次々
追って、再び、続く、なお、浮かばれない

連絡をする際の大切なマナー

親が亡くなった理由を聞いたり、詮索してはいけません。

会ったことのあるご家族の場合や、いつも元気な印象しかない人だった場合など、何も考えずとっさに理由を聞きたくなる気持ちはわかります。

ですが、不幸があったばかりの相手の気持ちを一番に考えて、負担をかけない配慮が何よりも必要です。

自分の気持ちを一方的に伝えるのではなく、相手の気持ちに寄り添う言葉を考えて送りましょう。

スポンサーリンク

おしまいに

突然の訃報に対する返信に、これが絶対に正しいというものはないです。

相手との距離感や、相手の性格など2人にしか分からない事はあるはずです。

何よりも大切なのは、辛い状況の中にいる相手の気持ちを考えて、そばに寄り添うような言葉を送ること。

親しい友人なら、形式的な堅苦しい挨拶をあえて送る必要はないです。

一般的なマナーとしての言葉というものはありますが、友人だからこそ、かけられる言葉がある。

シンプルな一言でも、それが嘘のないありのままの気持ちを表しているものなら、相手にはしっかり届きますし、気持ちが支えられます。

逆に、長い文章だと疲れが増しますので、短いほうがいいです。

深く考えすぎなくても、自分の気持ちをシンプルに伝えれば、どんな言葉でもあなたの優しい心遣いは伝わるはずです。

スポンサーリンク