[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

新幹線の切符を安く買えるネットのきっぷ予約サービスについて調べてみた結果

突然ですが、

「新幹線の切符をできるだけ安く買えたらいいのにな〜!」

と思ったことはありませんか?

「そんなこと言ったって、みんな同じ料金で乗ってるんだから仕方ないよ。」

と思っている方がいたら、こっそり教えたい。

(´・ノω・)。oO( 新幹線の切符を安く買う方法が、実はあるの )

新幹線を少しでも安く乗りたいと思っているあなたへ

いろいろと調べてみた結果を、

まとめちゃうぞッ!!(スッキリの春菜風)

新幹線の早割を利用する

新幹線って、乗る日よりも早くチケットを買うこともできるんです。

「そんなこと知ってるわ!!」と怒られちゃいそうですが。

でもね、普通に、駅の窓口でチケットを買ったり、駅の券売機で買ったりしても、

安くは買えないですよね。

では、どうやって「安くチケットを手に入れる」のか。

早割サービスを使うんです。

早割とは
早い時期に予約をすると通常料金よりも安くチケットを予約できることを言います。

新幹線の予約をするのも、いろんなサービスがあるんですねぇ。

これは、知っている人は得ですね♪

「新幹線のチケットを早割で安く買うことができる」ということはわかったけど、

実際どのくらい安くなるの!?

気になりますよね。

なんと、最大40%オフで買えちゃいます。新幹線のチケットがですよ!?

なんてコッター!

ぜったいこのサービ使お。なんでもっと早く気がつかなかったんだろう。。

って後悔しちゃいそうですが、大丈夫。

いまからドンドン利用していこう( ´▽`)

知らない人も多いですからねー。

新幹線を乗る日がかなり前からわかっているのなら、ぜひ使いましょう。

新幹線の早割サービスにも、いろいろあります。

有名なサービスは、

「お先にトクだ値」

「EX早特」

「早特きっぷ」

スポンサーリンク

この3つになります。

「お先にトクだ値」ってなに?

「お先にトクだ値」というのは、「えきねっと」というインターネットの会員専用のサービスです。

会員登録は無料です♪うれしい。

JR東日本とJR北海道が運営しています。

利用できるのは、北海道・東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線です( ^ω^ )

お先にトクだ値は、乗車日の13日前までに購入すると、30〜35%も割引に!!

片道の乗車券と指定席特急券の2つの価格が含まれています。

注意
お先にトクだ値では、年末の12月28日~31日の「下り列車」と年始の1月2日~4日の「上り列車」では利用できません。

年末年始は利用できないと思っておいたほうがよさそうです。

この日は毎年変わるのでホームページを要チェックです( ´∀`)

EX早特ってなに?

EX早特は、JR東海・JR西日本が運営する会員制のネット予約サービスである

「スマートEX」

「エクスプレス予約」

の会員専用の割引です!

会員登録は無料です。

エクスプレス予約の会員になるには、年会費1080円が必要です♪

こちらも、片道の乗車券と指定席特急券の2つの価格が含まれています。

東海道・山陽新幹線の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車で利用できます。

EX早特は、乗車日の3日前までに購入することで、最大で30%近く割引に!

早得きっぷ

早得きっぷは、インターネット予約サイト『e5489』の会員専用の割引サービスです。

JR西日本が運営しています。こちらも、会員登録は無料。

チケットは乗車日までに購入後みどりの窓口で受け取ります。

新大阪から九州の博多、大分、長崎、熊本、鹿児島間で利用できます。

新幹線は「のぞみ」 「みずほ」 「さくら」のみの利用になります。

早得きっぷは、乗車日の1ヵ月前の10:00~14日前までに購入すると最大35%ほど割引!!

一人でも利用でき、片道のみの購入も可能です。

他には、3日前までに購入すると最大15%ほど割引になる『WEB早得3』もあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です