[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

謹賀新年と恭賀新年の意味は?年賀状マナーをおさえて新年好スタート

年賀状、出していますか?

新年の挨拶、最近はメールやラインでやりとりをする人も少なくないと思います。

メールなどでのご挨拶は、手軽なものですが、
ハガキをいただくと嬉しいものですよね。

ハガキに一言、手書きの文章が添えられていると、

「自分のために時間を割いてくれた」という

相手の気持ちがより一層感じられる気がして、ほっこりとしたあたたかい気持ちになります^^

また、上司やお世話になっている方に年賀状を出す場合、
感謝の気持ちを表したいものです。

正しい言葉づかいで・・・。

例えば、「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」の中で

どれを選びますか?

堅苦しすぎる年賀状も味気ないような気がしますし、
間違った言葉遣いも避けたいものです。

最低限の「年賀状マナー」を守るために、
年賀状で使われる賀詞についてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

賀詞の種類

★賀詞とは?
「祝意を表す言葉。祝詞。」

祝いの言葉ですね。

「賀詞」は本来、年賀に限らずお祝いの言葉ですが、
特に年賀状に用いる新年を祝う語句を指して「賀詞」と呼んでいます。

賀詞には多くの種類があります。

1文字の賀詞、2文字の賀詞、4文字の賀詞、文の賀詞、英語の賀詞など・・・。

主な賀詞の意味
それぞれの賀詞の意味を知っておきましょう。

「1文字の賀詞」
・寿:めでたい
・福:幸せ
・賀:祝い
・春:新年、年の初め
・禧:喜び

「2文字の賀詞」
・賀正:正月を祝う
・賀春:新年を祝う
・頌春(しょうしゅん):新年をたたえる
・迎春:新年を迎える
・慶春:新年をよろこぶ
・寿春:新年を祝う
・初春:新しい年、年の初め
・新春:新しい年

「4文字の賀詞」
・謹賀新年:謹んで新年をお祝い申し上げます
・謹賀新春:謹んで新しい年をお祝い申し上げます
・恭賀新年:うやうやしく新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春:うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます
・敬頌新禧(けいしょうしんき):うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます

(ほかにも、新春万福・迎春万歳・献寿歳旦・慶雲昌光・
瑞祥新年・永寿嘉福・恭賀新禧などの4文字の賀詞がある)

「文の賀詞」
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・謹んで新春のお慶びを申し上げます
・謹んで新年のご祝辞を申し上げます
・初春のお慶びを申し上げます

スポンサーリンク

「英語の場合」
・Happy New Year:新年おめでとう
・A Happy New Year:よいお年を
(西欧では一般にクリスマスと新年のあいさつをいっしょにします。
「A」は年が明ける前に使うので年賀状では「HAPPY NEW YEAR」と書きましょう)
・A Star of New Year:新しい年の幕開け
・May You your Happiness of this Year:今年もあなたに幸福あれ
・New Year’s Greetings:新年のごあいさつ 

失敗しない賀詞の選び方

一般的に、同僚や同年輩以外の年長者やお世話になった相手には
2文字熟語は避けるのが慣わしです。

■相手が目上の場合
・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます

■相手が目下・友人の場合(目上の人に使ってはいけないもの)
・「寿」「福」など1文字の賀詞
・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞

■相手を選ばず使える賀詞
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・Happy New Year
・(相手が目上の場合の賀詞もOK)

相手によって賀詞を変えられない場合には、相手を選ばず使える賀詞、
または相手が目上の場合の賀詞を用いると無難です。

賀詞の重複に気をつけよう

「知らずに使ってしまってる年賀状の間違い」
×新年明けましておめでとう
○明けましておめでとうございます
「新年」と「明けまして」の意味が重複していますね。

×「○○年 一月一日元日」
○「○○年 元日」
元日は1月1日の朝という意味なので重複表現です。

「年賀状で避けたい表現」
「枯れる」「衰える」「破れる」「失う」「倒れる」「滅びる」などは使いません。
「去る」も避けたい言葉なので、「去年」ではなく
「昨年」「旧年」などとするとよいでしょう。

「祝い語を使わないようにする場合」
・新年のご挨拶を申し上げます
・初春のご挨拶を申し上げます
・幸多き年でありますように
・平和な一年でありますように
・新しい年が明るい年でありますように
・一陽来復
・笑門来福
自分の身に置き換え、先方をおもいやり、気遣い、
一日も早い立ち直りを祈る言葉を添えるとよいでしょう。

まとめ

あたたかみのあるお正月の挨拶をいただくと
貰った方としてはとても嬉しいものです。

メールやラインなど、簡単にご挨拶ができてしまう今だからこそ、
「自分のために時間を割いて書いてくれた」
という一生懸命さは思っている以上に心に響きます。

新年の最初のご挨拶、
心を込めて、想いも一緒にお届けしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です