エアコンから水音のようなぴちゃぴちゃという音がなる原因と解決法

エアコンから、水音のような「ピチャピチャ」という音がなることがあります。
この音が気になって眠れなくて寝不足で困っているという人もいるほどです。
なぜ、こうなるのか。原因と解決法を紹介します。

スポンサーリンク

ピチャピチャという水音の原因は?

考えられる原因は、大きく2つあります。

(1)汚れや異物の詰まりが原因でうまく排水ができていない

(2)高気密な住宅などでドレンホースから空気が逆流している場合

それぞれ、詳しくみていきます。

汚れや異物の詰まりが原因でうまく排水ができていない

エアコンのドレンパンとドレンホースの接続部分や、ドレンホースの内部が詰まると、排水がうまくできなくなり「ピチャピチャ」と音がなることがあります。

順調に流れてくれれば問題ないのですが、室内のホコリがくっついてしまうと絡んで綿ぼこりのような状態になってしまうことも多々あります。このホコリのかたまりが、流れてドレンホースの口に集まり水の流れをせき止めてしまうと、排水がうまくいかなくなりドレンパンの中が水たまり状態になってしまいます><

こうなってしまうと、水たまりに水滴が落ちる状態になり、エアコンからピチャピチャという音がなります。これを放っておくと、エアコンから室内に水が漏れてきます。

さらに、ドレンホースが詰まってしまう原因となるのは汚れだけではありません。ドレンホースの外部からゴミや虫が入ることで詰まることもあります。ゴキちゃんやカメムシさんなども入ってくることがあります。。嫌ですよね。

私が住んでいる場所は、カメムシがたくさん出ます。エアコンをつけたら、中からブ〜ンとカメムシが飛んできたこともありました。。当時はなぜエアコンの中にカメムシがいるの!?と思いましたが、ドレンホースからの侵入だった可能性が高いですね。

我が家は早急に、外部からの虫の侵入を防ぐ対策を打たないといけません。



防虫ドレンキャップ DZ-BDC1 00-4429

外部からの虫の侵入を防ぐためにドレンホースの先端に取り付ける、ドレンキャップも販売されています。

外部からの虫の侵入を防ぐグッズは、ネット状のものもあります。ドレンホースの先端にネットをはるタイプのものです。ただ、これを使った人のお話によると、ネットに汚れがついてしまいそれが原因でホースが詰まったことがあり、定期的にお手入れをしているとのことです。

高気密な住宅などでドレンホースから空気が逆流している場合

鉄筋コンクリート造の分譲マンションなど、高気密住宅が主流となっています。このような気密性の高い住宅では、壁や天井、床、窓枠などに隙間をつくらないよう、精度の高い建築部材や気密テープなどが使われています。

高気密住宅は、外からの冷気や熱気を遮断することができ、エアコンが効きやすくなるというメリットがあります。ただ、デメリットもあります。空気の循環が悪くなることで生活臭などのニオイや湿気が室内にこもってしまうのです。シックハウス症候群も問題になりました。

平成15年7月には法改正があり、キッチンやお風呂場、トイレなどの強制換気に加え、賃貸住宅や一戸建てを含め新築住宅を建築する場合は「24時間換気システム」の導入が義務化されました。

実際に高気密住宅に住んでいる方の意見を聞いてみました。その方によると、「24時間換気システムには換気扇ほどの能力はない」とのことでした。そもそも空気の循環を目的としているものですからね。窓を開けて換気をすることもあるそうですが、ずーっと窓を開けっ放しにはしておけません。

高気密住宅に住んでいても、換気扇を活用している方はたくさんいます。換気扇は追加工事ができない場合があるからと、あらかじめ空気がこもりそうな場所へ換気扇を設置してしまう人も多いです。

気密性の高いお部屋で換気扇を使うと、エアコンのドレンホースが空気の通り道になることがあるのです。外の空気がドレンホースに入り、室内機で発生した結露水がうまく流れず、ピチャピチャ・ボコボコといった音がなってしまいます。エアコンから排水された水がドレンパンに押し戻されてピチャピチャという水の音を発することもあります。

ピチャピチャという音がなった時の解決法

ドレンパンとドレンホースをきれいにする

ホコリや汚れの詰まりが原因でピチャピチャ音がなっている場合は、「ドレンパン」と「ドレンホース」をきれいに洗浄することで解決することがほとんどです。家の近くのホームセンターに行くと、「ドレンホースクリーナー」というものが売られています。それを使って、外部からドレンホースの内部を吸い出すことで、ホース内部の詰まりを取り除きましょう。



送料無料 エアコンの水漏れ用 ドレンクリーナー ラバーカップ無し .. ドレンホ…

これはエアコン掃除の業者さんも使っているドレンホースクリーナーです。使い方は簡単で、ベランダなどに設置されているドレンパイプとこのクリーナー本体を接続し、ハンドルを押したり引いたりするだけです。女性でも使いやすい軽いハンドルなので非常に人気があります。

ドレンホース用逆止弁を取り付ける

高気密住宅では、屋外と屋内の気圧差によって外気がドレンホースから屋内に逆流してしまいます。これによって、ドレンの排水のたまり部分でピチャピチャ・ポコポコと音がなるのです。

ドレンホースに空気が逆流しないようにするためには、「ドレンホース用逆止弁」の取り付けが必要です。


INABA DENKO DHB-1416 エアコン用 消音 防虫弁 おとめちゃん…

例えば、この「おとめちゃん」という可愛らしい名前の製品は、ピチャピチャ・ポコポコ音をおさえながらドレン排水をスムーズに排出できる逆流防止弁です。また、屋内への虫の侵入や外気の侵入を抑制する効果もあります。

アクリル樹脂でできているので、耐候性があります。耐候性とは、太陽光や紫外線などの影響によって変形したり、色が変わったりしにくい性質のことをいいます。色も透明なので汚れを見つけやすいです。取り外しもシンプルなのでお手入れも簡単。これは本当に、全てのエアコンの付属品にしたらいいのに!と思うくらい優秀な製品です。

そのほかに、高気密住宅でドレンホースから空気が逆流するのを防ぐ方法を考えてみますと・・・

・お部屋の換気口を開ける

・窓を開ける

・換気扇を止める

・ドレンホースの先端の向きを変えてみる

などが挙げられます。ぜひ試してみてください♪



おしまいに

今回は、エアコンから水音のようなぴちゃぴちゃという音がなる原因と解決法について紹介しました。エアコンから音がなると気になって仕事や作業に集中できませんよね。あと、こわいですしw

エアコンのしつこい汚れなどは、業者さんなどプロにしかできないような難しい作業もあります。色々試しても解決しない場合は、専門の洗浄業者さん・修理業者さんなどにお願いするのがいいでしょう。

スポンサーリンク